プラグイン「AddQuicktag」を使ってアドセンス広告を設置する方法




こんにちは、龍一です!

 

ここで紹介している記事の内容は、Googleアドセンスの広告を記事内に設置したいけど、イマイチやり方が分からないという人に向けた記事です。

アドセンス広告を記事内に貼るには、プラグインの「AddQuicktag」を使用します。

他にもアドセンス広告を設置できるプラグインがありますが、そちらはあまりオススメできません。その理由は、下記で説明しています。

プラグインを使用せずに貼ることもできますが、「AddQuicktag」を使用すれば、ワンクリックで設置できるようになります。 

 



AddQuicktagのインストール方法

赤枠内の「新規追加」をクリックします。

 

赤枠内の「AddQuicktag」を入力して、青枠内の「今すぐインストール」をクリックして、インストールします。

次に、「有効化」をクリックして完了です。

 

Googleアドセンスのコードを作成

Googleアドセンスにログインして、赤枠内の「広告」をクリックします。

 

赤枠内の「広告ユニット」をクリックします。

 

記事内の「タイトル下・見出しの上・記事下」などの設置したい場所に適した広告をクリックして、コードを作成します。

 

AddQuicktagを使用してアドセンス広告を設置する方法

赤枠内の「インストール済みプラグイン」をクリックします。

 

赤枠内の「設定」をクリックします。

 

赤枠内の「ボタン名」には、アドセンスなどの分かりやすい名前を入力します。

青枠内の「開始タグ」に、Googleアドセンスのコードを入力します。

緑枠内の「□」に、レ点チェックを入れて「変更を保存」をクリックします。

右端の「□」をクリックすれば、すべての「□」にレ点チェックが入ります。 

 

「テキスト」をクリックして、アドセンスの欄が表示されたら完了です。

あとは、アドセンス広告を設置したい場所で「アドセンス」をクリックしてコードを挿入すると、記事内に広告が表示されます。

プラグインを使用したくない人は面倒ですが、毎回アドセンスにログインしてコードをコピペすれば、記事内に貼ることができます。 

 

最後に

「AdSense Plugin WP QUADS」などの自動でアドセンス広告を設置できる便利なプラグインが複数ありますが、テーマやワードプレスのバージョンに適用していないなどの理由で不具合が起こることがあります。

なので、自動で設置できるプラグインを使用する場合は注意が必要です。

「AddQuicktag」の唯一の欠点は、手動でコードを貼り付けないといけないので、少し手間がかかることですね。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください