「ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります」の解決法




突然、アドセンスのホーム画面に「要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。」の警告文が表示されました。

微々たる収益しかない自分のブログでも、アドセンス収入がないよりはあった方が良いので、対処することにしました。

エックスサーバーで解説しています。 

 

要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

Googleから突然このようなメッセージが来たのでビックリしました。

ヘルプで確認すると「ads.txt」を作成すれば解決するみたいなのでやってみました。

 

ads.txtの修正手順

  1. テキストファイルを作成
  2. ファイル内に次の1行を含めます「google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0」
  3. レンタルサーバーにアップロード

 

テキストファイルの作成

何もないところで右クリックします。

赤枠内の「新規作成」をクリックすると、青枠内のところに「テキストドキュメント」があります。

 

「google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0」をコピペして、赤枠内の「0」の部分を自分のサイト運営者IDに変更して保存します。

保存名は分かるように「ads.txt」しておきます。

 

文字コードを「UTF-8」に変更してから保存してください。

サイト運営者IDは、ホーム画面の「アカウント」にあります。 

 

エックスサーバーにアップロード

エックスサーバーの「インフォパネル」にアクセスします。

赤枠内の「ファイル管理」をクリックします。

 

ファイル名の文字コードを「UTF-8」に変更してください。

文字変更をしていないと、文字化けしてGoogleが認識できない場合があります。あとから変更もできます。 

 

使用している自分のサイトのドメインをクリックします。

 

赤枠内の「public html」をクリックします。

 

「ファイルを選択」をクリックして、先ほど作成したファイルをアップロードします。

 

「ads.txt」が追加されると完了です。

 

文字コードを変更する

「ads.txt」にチェックを入れて、青枠内の「編集」をクリックします。

 

文字コードを「UTF-8」に変更して、赤枠内の「保存する」をクリックして完了です。

 

最後に

反映されるまで24時間くらいかかるので、気長に待つしかありません。

24時間以上経っても警告文が消えない場合は、やり方が間違っている可能性があります。

自分の場合は、15時間後に警告文が消えました。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください