ワードプレスのプラグイン「UpdraftPlus」の設定方法!




ワードプレスでブログ運営をしていて1番怖いことは何ですか?

それは、何かの原因でデータがすべて消えて無くなる事ですよね。

何十時間~何百時間もかけて作ったブログのデータが消えてなくなるんですから頭が真っ白になりますね。

そうならない為にもバックアップはきちんと取りましょう!

 

ワードプレスのバックアップのプラグインは沢山ありますが、その中で「BackWPUp」と「UpdraftPlus」の2つが使われていますね。

今回は、BackWPUpより細かい設定が不要で簡単に使えるUpdraftPlusを紹介します!

実際に両方 使いましたがUpdraftPlusの方が簡単に使えました 

 

UpdraftPlusのインストール

赤枠内の「プラグイン」をクリックして、「新規追加」をクリックします。

 

赤枠内にUpdraftPlusと入力してUpdraftPlusが表示されたら、青枠内の「今すぐインストール」をクリックします。

 

赤枠内の「有効化」をクリックします。

以上でインストールは終了です。

 

UpdraftPlusの設定

管理画面の「設定」から、赤枠内の「UpdraftPlus Backups」をクリックします。

 

赤枠内の「今すぐバックアップ」をクリックします。

 

赤枠内の「今すぐバックアップ」をクリックします。

 

バックアップが終了したら、赤枠内の「設定」をクリックします。

 

赤枠内にバックアップをするサイクルを設定してください。

あなたのブログの更新頻度に合わせて設定すれば大丈夫です 

 

次に上の画像の中から保存先を決めてください。

自分は設定がいらない「メール」にしています 

 

バックアップのサイクルと保存先を設定したら画面の下に「変更の保存」があるのでクリックして終了です。

 

復元方法

管理画面の「設定」から、赤枠内の「UpdraftPlus Backups」をクリックします。

 

赤枠内の「復元」をクリックします。

 

最新のバックアップデータを「復元」するなら赤枠をクリックします。

古いバックアップデータを「復元」するなら青枠をクリックします。

 

復元したいものにレ点チェックを入れて、赤枠内の「復元」をクリックします。

以上で完了です。

【初心者必見】ワードプレスでおすすめなプラグイン14選!

2017年5月30日

 

まとめ

不測の事態に備えてバックアップのプラグインは導入する。

今回、おすすめで紹介したのは「UpdraftPlus」ですが、「BackWpUp」も有能なプラグインなのでどちらを使ってもいいです。

ワードプレスでプラグインを使わずカテゴリを設定する方法!

2017年5月6日









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください