ヒートテックと着る毛布があれば暖房なしで冬を越せる!




こんにちは、龍一です!

 

冬になると気温が低下し、寒くなるので、ついつい暖房を使ってしまいますね。

暖房は便利ですけど、電気代がかかる、肌が乾燥するなどのデメリットがあるので、自分みたいにエアコンを使用しない人も多いと思います。

そこで、暖房機器を使用せずに、防寒着で冬を乗り切る方法を紹介するので参考にしてください。

 

オススメの防寒着

ヒートテック

冬の定番インナーと言えば、やっぱり「ヒートテック」じゃないでしょうか。

グレードが「ノーマル・極暖・超極暖」の3種類あるのですが、最低でも極暖以上のグレードじゃないと寒さに耐えれないと思います。

着用するものは、「9分袖・タイツ・ソックス・手袋・ネックウォーマー」の首から足元まで全身です。

 

ヒートテックは、ユニクロのオンラインストアでも購入できます⇒ユニクロ

 

スウェット

ヒートテックの上にスウェットを着ます。

どこのメーカーでも違いはないと思いますが、自分はユニクロのを着ています。

 

スウェットは、ユニクロのオンラインストアでも購入できます⇒ユニクロ

 

着る毛布

ヒートテックとスウェットでも暖かいですが、気温が10度より低くなると寒いので、着る毛布の出番です。

自分は、ニトリの「着る毛布」を愛用しています。

ニトリは楽天にも出店しているので、ネット通販で購入することもできます。

足ポケットなしの安いタイプもありますが、手足が冷たくなるので、購入するなら足ポケット付きがオススメです。 

 

着る毛布(H アシポケツキ L) ニトリ 【玄関先迄納品】

価格:3,990円
(2018/11/11 01:14時点)

オススメの防寒具

ゆたぽん

動いていれば問題ないのですが、室内だと動き回ることがないので手足が冷たくなります。特に、末端冷え性の人は困りますね。

そこで紹介したいのが、白元アースが販売している「ゆたぽん」です。

電子レンジで温めるだけで「湯たんぽ」みたいに暖かくなります。室内での持続時間は約4時間くらいだと思います。

繰り返し使用することもできるので、「貼るカイロ」を使用するよりコスパに優れています。

ゆたぽんを使用した詳しい感想はこちらに書いています

 

楽天

白元アース レンジでゆたぽん Lサイズ 1P

価格:778円
(2018/11/16 12:22時点)

 

アマゾン

 

最後に

上記に書いている方法は、実際に自分が実践している方法です。

0度以下になるような地域に住んでいる人は、さすがに暖房なしではキツイと思います。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください