ハンディクリーナータイプのダイソンDC61を使った感想!




吸引力が強い掃除機は何ですか?

この質問をした時に、ほとんどの人が「ダイソン」と答えるんではないでしょうか!?

 

ダイソンが日本で有名になる前までは紙パックの掃除機が主流だったと思いますが、ダイソンが日本に上陸してからはサイクロン式の掃除機が流行りましたね。

紙パック式の掃除機は持っていたので部屋の掃除用ではなく、布団クリーナーが欲しいと思い「レイコップ」を買おうとしてました。

そこで色々調べたら「ダイソンDC61」も布団クリーナーとして使えることがわかりDC61を買いました。

 

レイコップを買わなかった理由

形が魚類の「エイ」に似てますね。もしかして、モデルはエイなのかな!?

持ってみた方は分かると思いますが重いんですよね。そして、布団クリーナー以外に使い道がない。

上記の理由でレイコップは買いませんでした。

 

ダイソンを買った理由

レイコップに比べて軽いです。

重量は2,52キロです 

 

どこかのサイトで「レイコップ」と「ダイソンDC61」の吸引力対決をしてた動画を見ました。

結果は、圧倒的にダイソンの勝ちでした。

 

布団クリーナーだけではなく、部屋の掃除、車の室内と色んなとこで使える。

上記の理由でダイソンを購入しました^^

 

ダイソンDC61を使った感想

購入したのは、2013年頃なので4年間も愛用してます。4年経過してますが故障もなく問題なく使えてます。

吸引力ですが、テレビだからオーバーに言ってるのかと思ったら全くオーバーではないです(笑)

コードレスなのに吸引力が凄すぎてフローリングに吸い付きます。畳を掃除したら大変なことになりそうです。

 

ただ、欠点もあります。それは、バッテリーが短いことです。15分くらいしか持たないのにフル充電するのに2時間くらいかかります。

あと、ダイソン本体の掃除が分解しないとできない。

欠点もありますが、これが壊れたら次回もダイソンを購入しようと思ってます。ただ、高いので簡単に手が出ないですけどね。

 

ダイソンのハンディタイプを買おうと悩んでる方は、DC61は古い型なのでDC62をおすすめします!

お金に余裕があるなら、V8、V6がいいかもしれません。ただ、10万近くしますけど・・・。

 

まとめ

吸引力で求めるならダイソンで間違いなし。

新しい型は販売価格が高いので1つ前の型を買うのもあり。

乾湿掃除機の「Vacmaster」を使った感想!

2017年7月3日









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください