人気の高級枕「テクノジェルピロー」で寝てみた感想!




あなたは1日に何時間 寝てますか!?

自分は8時間 寝ないと気が済まないので、睡眠が趣味になってる部分もあります。1日に8時間寝るということは、人生の3分の1を寝ることに使ってることになりますね。

そう考えたら、寝具にはお金をかけてもいいのかなと思って、2万円以上もする枕を楽天で買いました。

その名は「テクノジェルピロー」といいます!

結論を先に言っておきますと、購入して大正解でした。

 

テクノジェルピローとは

テクノジェルピローは、日本の会社ではなくイタリアの会社です。医療用素材に使用してたものを、枕にも使えないかと開発したものらしいです。

25年以上前「Technogel®」は床ずれに悩む患者さんの声に応えたいとの思いで開発がはじまりました。
そして1991年、ドイツの創意とイタリアの技術を結集した車イス用シートが、その翌年には手術台用シートが完成。現在では枕、オフィスチェア、靴底クッションなどの生活分野、さらに自転車サドルやスポーツカーの座席などスポーツ分野へも広がっています。 そして2007年、ついにイタリアで枕が販売開始され、多くの人が今までにないはじめての感触に驚きました。
その後も快適な眠りのために枕の改良に取り組み、マットレス、シートパッドの開発と、現在に至ってもTechnogel®の進化は止まりません。

 

テクノジェルピローの種類

テクノジェルピローには、3種類のタイプがあります。

  1. コントア
  2. アナトミック
  3. デラックス

自分に合ったものを探せるのがいいですね。

 

テクノジェルピローの特徴

やわらかく心地よい感覚を永遠に楽しむことができたら、枕として理想的。
でもそんな枕は存在するのでしょうか?
「Technogel®」は理想的な枕に近づけるようジェルだけでなくBIO-FORMAの性能にもこだわった結果、11万回の圧縮テストで復元率99.2%以上を計測しました。
寝返りを何度うっても、長時間お使いいただいてもへたりにくく、心地よいフィット感を保ちます。またマットレスに使用するジェルは、世界最大規模の検査機関ASTM(米国試験材料協会)が規格する30万回におよぶ垂直衝撃試験で、その耐久性を実証しました。

6年前にテクノジェルピローを購入して今現在も使ってます。分かりづらいかもしれませんが購入時とあまり変わっていません。

ほとんどヘタっていないので、復元率99.2%は嘘ではないと思います。

ただ、新品の時と比べるとジェルのひんやり感は悪くなってきている気がしますが、全くなくなっているわけではないです。

 

テクノジェルピローで寝てみた感想

楽天で、デラックスを買いました。購入金額は、2万5千円です。

ネットで購入する場合は、偽物が出回っているので正規販売店から購入した方がいいです。

現在は、テクノジェルピローⅡが販売されています。

 

ここからは実際に寝てみた感想です。結論から言うと、心地よく寝れるので大満足です。

枕を何個も買い換えましたが、テクノジェルピローが断トツで寝やすかったです。ジェルの部分がヒンヤリして、夏は気持ちいいですよ。

今まで、1000円~5000円の枕を何回も買い換えてたのがダメでしたね。

初めから奮発して、テクノジェルピローを買えばよかったです。もちろん個人差があるので、寝心地が悪いと言う人もいると思います。

かたい感じの枕が好きな人には、オススメできないかもしれません。

2万円前後と高いですが、何年も使えるので日割りすると安い買い物だと思っています。

 

テクノジェルピローⅡが発売されました

テクノジェルピローⅡの種類と価格

  • コントア:27,000円
  • アナトミック:25,920円
  • デラックス:24,840円

 

ネットで購入

楽天

【正規販売店】テクノジェルピロー デラックス ピロー2 サイズ7 【低反発 高反発 快眠 枕 まくら 低め 体圧分散 イタリア製 送料無料】

価格:24,840円
(2019/4/10 10:46時点)

アマゾン

 

最後に

高反発の枕が好きな人には合わない可能性があるので、オススメできません。

どこのデパートに置いてあるのか検索すれば出てくるので、実際に寝心地を試してからネットで購入した方が失敗しなくていいと思います。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください