サーモスとノンブランドの「真空断熱タンブラー」の性能を比較検証




こんにちは、龍一!

 

サーモスのステンレス製魔法ビン構造の「真空断熱タンブラー」の類似品が各社から販売されていますね。

類似品の販売価格はサーモスの半額以下と安いので、性能は同じなのか検証してみたいと思います。

比較するタンブラーは、ディスクカウントストアの「ミスターマックス」です。

 

真空断熱タンブラーの特徴

  • 結露しにくい
  • 外側が熱くならない
  • 保冷・保温を長時間キープ

 

真空断熱タンブラーの性能を比較検証

外観

サーモスの「タンブラー(340ml)」の外観です。

購入金額は、1498円です。

 

ミスターマックスの「タンブラー(350ml)」の外観です。

購入金額は、598円です。

サーモスはロゴが入っていて、ミスターマックスは無地です。

横からの視点での違いはこれだけです。

 

サーモスのタンブラーを上から見た状態です。

 

ミスターマックスのタンブラーを上から見た状態です。

画像では少し分かりづらいかもしれませんが、飲み口が違います。サーモスは薄く、ミスターマックスは普通です。どちらがいいかは、個人差によりますね。

自分はサーモスのほうが飲みやすいと感じました。欠点は、飲み口が薄いので、洗うときに手が痛いことですね。

 

保冷効果は?

温度計を使って計測したわけではないので、体感での感想になります。

飲み物を入れて1時間後に飲んでも、どちらとも冷たいままでした。なので、1時間くらいなら違いはないかもしれません。

ただ、3~5時間くらい経つと違いが出てくるかもしれません。

検証ですが、常識的に考えて3時間も放置しないので、検証の必要性はないと思いしていません。

 

保温効果は?

保温も保冷と同様で、あまり違いは感じませんでした。

持ち手が熱くならないので、持ちやすさも一緒ですね。

 

結露は?

説明書には、「結露しにくい」と書かれていますが、どちらとも全く結露しませんね。

 

検証結果

見た目・保冷力・保温力などに大きな違いは感じられませんでした

なので、サーモスにこだわらない人なら、ミスターマックスやドンキホーテなどが販売している「プライベートブランド」の製品でも問題ないと思います。

あと、サーモス製品より安い「山善・ドウシシャ」などの真空断熱タンブラーも性能に大きな違いはないと思います。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください