ビットコイン分裂により「ビットコインキャッシュ」が誕生




今年の初めころから仮想通貨(暗号通貨)の代表と言ってもいい「ビットコイン(BTC)」が分裂するかも?という噂が流れていました。正直、噂だけで分裂はしないだろうと思っていましたが、2017年8月1日に本当にハードフォークされ「ビットコインキャッシュ」という新通貨が誕生しました!

過去には、イーサリアムが分裂してイーサリアムクラシックが誕生しましたね。

 

ハードフォークとは

ハードフォークは、ブロックチェーンのプロトコルに規定された検証規則を緩和することによって発生するブロックチェーンの分岐のことです。

ハードフォークの際には、新しい検証規則を採用しないノードは、新しい検証規則に則って作成されたブロックおよびトランザクションを無効として却下する可能性があります。これにより、新しい検証規則を採用するノードと、採用しないノードとの間で、ブロックチェーンの最も長い有効な枝の判断に不一致が生じ、恒久的な分岐を生じる可能性があります。

 

ビットコインキャッシュとは

通貨単位は、今のところ「BCC」・「BCH」と表記されています。

ビットコインの取引量が増えてきたことによる取引スピードが低下、ブロックサイズは決められているのに取引量が増えて、ブロックに記録する処理速度が落ちて処理が追いつかなくなる「スケーラビリティ問題」を解決するために分岐されました。

 

ビットコインキャッシュの特徴

  • ビットコインのブロックサイズは1Mバイトですが、ビットコインキャッシュのブロックサイズは8Mバイト(上限)まで拡大されます
  • ハードウォレットなどのセキュリティの向上

 

まとめ

海外の取引所では取り扱っているところがありますが、国内の取引所では分裂して間もないので、取り扱ってないところが多いです。ただ、今後はビットコインキャッシュの取り扱いを始めると表明しているところが多いので、今後の動向に注目ですね。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください