日本語対応している海外取引所「バイナンス」の口座開設のやり方




2017年は「ビットコイン」・「リップル」・「モナコイン」などのレートが暴騰して、仮想通貨に注目が集まってきましたね。

日本の仮想通貨取引所で取り扱っているコインは値上がりしているので、海外の取引所に口座開設して安いコインを購入しようと考えている人が多いと思います。

そこで、日本語対応している取引所の「BINANCE(バイナンス)」を紹介します。

メールアドレスの登録だけで1日当たり「2BTC」まで送付できるので、身分証明書の提出をしたくない人におすすめです。

海外取引所のほとんどは日本語対応していないので、ありがたいですね。現在は理由が分かりませんが、日本語対応していません

 

バイナンスの特徴

  • 2017年7月に開設した取引所ですが、仮想通貨取引量が世界1位です
  • 日本語対応しています
  • 取り扱い通貨は、100種類以上と豊富です
  • 独自通貨BNBトークンを発行していて、そのBNBトークンで手数料を支払うと50%引きになります
  • 他社に比べて手数料が安いです
  • メールアドレスのみで口座開設できます
  • 新規上場銘柄を投票で決める
  • 2段階認証があります

 

口座開設の手順

アカウント作成のやり方

口座開設はバイナンスの 公式サイト から無料で登録できます。

 

赤枠内の「登録」または「アカウントを作成します」をクリックします。

 

メールアドレス・パスワードを入力して、赤枠内の「登録」をクリックします。

数字が書かれている欄は、そのままで大丈夫です 

 

赤枠内のカーソルをスライドして、パズルのピースを埋め込みます。

 

登録したメールアドレスに「BINANCE」からメールが届くので確認します。

 

赤枠内の「Verity Email」をクリックして、アカウント作成の完了です。

 

2段階認証の設定

初めてログインすると、2段階認証の設定画面が表示されるので、セキュリティを高めるために設定しておきましょう。

 

設定方法は、「Google検証」・「携帯メッセージ検証」の2種類あります。

2段階認証の設定は任意ですので、赤枠内の「Skip for now」をクリックするとスキップできます 。

ここでは、Googleで解説します。携帯認証は中国のみとなっています。

 

Googleの2段階認証アプリ「Googl authenticator」を起動して、バーコードを読み取り登録します。

Googl authenticatorを利用していない方は、インストールしましょう。ios版・android版のどちらもあります。 

 

身分証明書の提出

出金制限の限度額を上げたい方は、身分証明書の提出が必要です。このままでいい方は、身分証明書の提出は必要ありません。

赤枠内の「身分認証完成」をクリックして、身分証明書をアップロードすれば完了です。

海外の取引所なので持っているなら、パスポートがいいと思います。なければ、運転免許証でも大丈夫です。 

 

口座開設は こちらから

 










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください