仮想通貨取引所のビットバンクの口座開設方法




ビットコインなどの仮想通貨の売買するには、仮想通貨取引所に口座開設をしないといけません。

そこで、今回は自分も利用している「ビットバンク」を紹介します。ビットバンクは、人気の「リップル」・「モナコイン」も取り扱っています。

コインチェック事件のことがあるので、セキュリティー面が気になると思います。ビットバンクは、世界最高峰のセキュリティなので安心して利用できると思います。

 

ビットバンクの詳細

特徴

  • ビットコイン(BTC)・ビットコインキャッシュ(BCH)・リップル(XRP)・モナコイン(MONA)の4種類の通貨を取り扱っています
  • 関東財務局に仮想通貨交換業者(登録番号00004号)として登録完了しています
  • ビットバンクだけが行っている「仮想通貨を貸して増やす」サービスがあります
  • コールドウォレット・マルチシグを採用しているので、セキュリティー面で安心できます
  • 100を超えるテクニカル分析が使える「TradingView」を採用しています
  • スマホ完全対応です

 

会社概要

会社名 ビットバンク株式会社

所在地 東京都品川区西五反田7丁目20-9 KDX西五反田ビル7F

資本金 11億3100万円(資本準備金含む)

 

ビットバンクの口座開設の手順

口座開設に必要なもの

  • メールアドレス
  • 顔写真付きの身分証明書
  • 銀行口座

 

アカウント開設の手順

メールアドレスを入力して、赤枠内の「新規登録」をクリックします。

 

登録したメールアドレスに、本登録用のURLが記載されたメールが届いているのでクリックしてください。

 

パスワード入力して、利用規約にチェックを入れたら、赤枠内の「登録」をクリックします。

以上でアカウントの開設は完了です。

 

基本情報の登録

赤枠内の「登録情報」をクリックして、青枠内の「登録」をクリックします。

 

名前・生年月日・住所を入力して、「次に進む」をクリックします。

 

取引の目的・職業を入力して、赤枠内の「確認」をクリックします。

登録した内容に間違いがないか確認して、「登録」をクリックします。

以上で基本情報の登録は完了です。

 

本人確認書類の提出

赤枠内の「本人確認書類のアップロードに進む」をクリックします。

あとで提出することも可能なので、後日提出する方はメニューの登録情報をクリックするとできます。 

 

本人確認書類の種類を選択して、赤枠内の「アップロードする」をクリックします。

使用できる本人確認書類
運転免許証・パスポート・住民基本台帳カード・在留カード

 

審査が問題なく終了したら、ビットバンクからご自宅に確認書類が送付されます。

 

このハガキを受け取ったら、口座開設が完了です。

 

登録情報の本人確認書類が自動で「完了」に変わりますが、完了になっていない場合は、ハガキに暗証番号が記載されているので、入力フォームに入力すれば「完了」になります。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください