コインチェックがNEMのハッキング被害にあったから資産が凍結された




こんにちは、龍一です!

 

2018年1月26日に衝撃的なニュースが飛び込んできましたね。

仮想通貨取引所の「コインチェック」が取り扱っている通貨の「NEM(ネム)」がハッキング被害にあいました。不正送金された被害額は580億円(当時のレート)です。

このニュースには、コインチェックを利用していない人も衝撃を受けたと思います。特に、コインチェックの利用者は日本円・取り扱い通貨の出金ができず資産が凍結されています。

自分もコインチェックを利用していて資産を凍結されているので、今後のことが気になってしょうがないです。

今回の事件で思ったことを簡単にまとめました。

 

倒産はしない?

580億円にも登る被害額なので、SNS上では「コインチェック倒産か?」と荒れていました。マウントゴックスの件があるので、倒産と同じ意味の「GOXするんじゃないのか?」とも言われていましたね。

さすがに額が額なので、自分も倒産確定かなと思っていましたが、1月28日にNEMの保有者全員に自己資金で補填すると発表がありました。

この発表は嬉しかったですね。倒産せずに継続するみたいなので、死んだと思った資産が復活するかもしれません。あとは、有言実行待ちです。

 

なぜ、ハッキングされた?

ハッキングされた大きな理由としては、以下の3点じゃないでしょうか。

  • ホットウォレットで保管していた
  • コールドウォレットを採用していなかった
  • マルチシグの対応をしていなかった

 

コールドウォレットで保管とホームページに記載してあるのに、実際はしてなかったとかありえませんね。

あと、推奨されているマルチシグも実装してなかったので、「ハッカーさん盗んでください」と言ってるようなものですね。

 

資産凍結はいつ解除?

コインチェックに資産がある人が1番気になるのは、資産凍結はいつ解除されるのか?だと思います。

1月29日に金融庁が以下の業務改善命令を発令しました。

  1. 本事案の事実関係及び原因の究明
  2. 顧客への適切な対応
  3. システムリスク管理態勢にかかる経営管理態勢の強化及び責任の所在の明確化
  4. 実効性あるシステムリスク管理態勢の構築及び再発防止策の策定等
  5. 上記1〜4までについて、2月13日までに、書面で報告すること。

2月13日までに書面で報告と書いてあるので、資産凍結の解除は少なくとも2月13日以降になるのではないかなと思っています。

これは、最短な話でセキュリティーなどの整備が遅れれば、1~2ヶ月後ってこともありえますね。

コインチェックユーザーとしては、罵倒するより応援するしか方法がないので、コインチェック社を応援しましょう。

 

ハードウォレットで管理

ハードウォレットとは

この事件で注目を集めているのが、ハードウォレットと呼ばれる仮想通貨の保管方法ですね。

ハードウォレットを簡単に言うと、ネットから遮断してUSBみたいな感じの物に保有している仮想通貨を入れて、ハッキング被害から守るものです。

メリットは、ネットから遮断しているので100%ハッキング被害から守ることができるので、盗難される心配がありません。

デメリットは、2万~3万円と高いことです。しかし、3万円で保有資産を100%守れるなら安いと思う方がいいかもしれませんね。

 

おすすめのハードウォレット

TREZOR(トレザー)とLedger Nano(レジャーナノ)です。

コインチェック事件でハードウォレットの大切さが分かったので、購入者が続出して品薄になる可能性があります。購入を考えている方は早めに手に入れた方がいいかもしれません。

トレザーは、ビットコイン・ビットコインキャッシュ・ライトコイン・イーサリアム・イーサリアムクラシック・ジーキャッシュに対応しています。

ビットコインウォレットTREZOR(トレザー) (ブラック)

価格:26,913円
(2018/1/29 16:48時点)


レジャーナノは、リップルに対応しているのリップルを保有している人はこちらがおすすめです。

【即日発送】仏Ledger社製 Ledger Nano S 暗号通貨 ハードウェアウォレット ビットコイン

価格:29,800円
(2018/1/29 16:49時点)

頻繁に売買する人には必要ないと思います。長期保有(ガチホ)する人向けの必需品だと思います。 










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください