ワイヤレスマウスならBluetoothよりレシーバーがおすすめ!




こんにちは、龍一です!

 

有線マウスだと配線が邪魔になるので、配線がないワイヤレスマウス(無線)に切り替える人が増えてきました。

配線がないからカバンの中で絡まることがないので、持ち運びしやすいことも人気の理由ですね!

これからワイヤレスマウスの購入を考えている人に、「Bluetoothマウス」より「レシーバータイプ」をオススメする理由を解説していきます。

Bluetoothマウスをオススメしない理由は、下記で解説しています。 

 



ワイヤレスマウスの種類

ワイヤレスマウスには「Bluetooth」「レシーバータイプ」の2種類があります。

 

Bluetooth・レシーバータイプも無線なので同じなのですが、大きな違いは画像のレシーバーがあるかないかです。

 

Bluetoothマウスのメリットとデメリット

メリット

  • 無線なので、配線が絡まることがない
  • 見栄えが良くなる
  • USBポートを使用する必要がない
  • USBポートがない機器(スマホやタブレット)にも接続できる
  • 持ち運びしやすい

 

デメリット

  • 使用するパソコンにペアリング(接続)設定をしないといけない
  • レシーバータイプより電池の減りが若干早い
  • 他のBluetoothと干渉して接続が切れることがある
  • マウスポインタ(カーソル)の動作が不安定になるときがある
  • 電池が必要

 

レシーバータイプのメリットとデメリット

メリット

  • 無線なので、配線が絡まることがない
  • 持ち運びしやすい
  • 見栄えが良くなる
  • ペアリング(接続)設定する必要がない
  • レシーバーを挿すだけで、すぐに使用できる
  • 有線マウスとカーソルの動作が同じ

 

デメリット

  • USBポートが必要
  • 電池が必要

 

レシーバータイプに買い換えた理由

Bluetoothマウスをオススメしない理由

Bluetoothマウスを使用していましたが、カーソルの動作が不安定になる・ペアリング(接続)が切れることが多々ありました。

なので、レシーバータイプを購入することにしました。

 

見た目と動作

Bluetoothマウスと違ってUSBポートにレシーバーを挿さないといけないので、少し見た目が悪くなりますが、邪魔になることはありません。

カーソルの動作は、有線と全く変わらないので使いやすいです。

 

ペアリング設定が不要

レシーバーをUSBポートに挿すだけで使用できるので、面倒な接続設定をする必要がありません。

 

価格

一番気になるは販売価格だと思いますが、「有線・Bluetooth・レシーバー」のマウスの価格に大きな違いはありません。

 

ネットで購入

アマゾン

 

楽天

【ポイント10倍!】エレコム M-XGM10DBBK EX-G ワイヤレスBlueLEDマウス Mサイズ ブラック

価格:1,491円
(2019/8/17 11:02時点)

最後に

センサーには「光学式(赤色)・レーザー式・ブルーLED式・IRセンサー式」の4種類ありますが、あらゆる場所で使用可能な「ブルーLED式」がオススメです。

めんどくさがり屋の人は、設定が不要なレシーバータイプをオススメします。

スマホ・タブレットなどのUSBポートがない機器で使用することを考えている人は、Bluetoothマウスを購入してください。

Bluetoothマウスのペアリング設定方法はこちらに書いています










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください